そのぽっこりお腹、内臓下垂かも!?ダイエットにも効く内臓下垂を改善する楽ちんポーズ!

内臓下垂という言葉をご存知ですか?
胃下垂は良く知られていますが、内臓下垂とは胃だけではなく内臓全体が下垂した(下がった)状態のことを言います。内臓下垂は珍しいものではなく、自覚していない人も多いそう。
下腹のぽっこりが気になっている人は、もしかしたら内臓下垂が原因かもしれません。内臓下垂は便秘がちになったり太りやすくなったりと、ダイエットにとってもさまざまな悪影響を及ぼします。
今回は、内臓下垂について、その症状や原因、予防・改善するための横になるだけの簡単なポーズの紹介までくまなくお伝えします。このポーズは内臓下垂を改善するだけでなく、代謝アップなどダイエットにも効果がありますので、是非参考にしてみて下さいね。

内臓下垂って何?

内臓下垂とは、胃や腸といった内臓が、本来あるべき位置より下がった状態にあることを言います。
胃や腸といった内臓は、それを取り巻く腹膜や筋肉に支えられています。しかし何らかの原因で内臓を支える筋力が弱まってしまうと、内臓の一部あるいは全体が下がってしまうことがあります。胃が下がっていれば胃下垂で、腸が下がれば腸下垂ですが、内臓全体が下がってしまうことも珍しくありません。
内臓全体が下がり、それがどんどん進むと、最終的に骨盤で止まります。その時骨盤の中は内臓でぎゅうぎゅう詰めの状態となり、下腹がぽっこりと出てしまいます。さらに骨盤の開きや歪みにも繋がってしまいます。
下腹がぽっこり出ていても、それが内臓下垂のせいだということに気づいていない人も少なくないそうです。全体的に痩せていても、下腹だけぽっこりしているという場合は内臓下垂を疑ってみても良いかもしれません。

内臓下垂による症状

内臓下垂によって骨盤の中でぎゅうぎゅう詰めの状態になっている内臓は、圧迫され血流も悪くなります。血流が悪くなると内臓の働きが低下するだけでなく、代謝も悪くなることで太りやすくなり、また冷えの原因にもなります。
特に、内臓の中でも下の方にある腸は押しつぶされる状態になってしまい、血流だけでなくぜん動運動も鈍くなるので便秘になりやすくなります。便秘による腸内環境の悪化は、肌荒れやむくみの原因にもなってしまうことはよく知られていますね。
また、膀胱や子宮、卵巣も同様に押しつぶされることになります。そのため泌尿科系や婦人科系の機能低下やトラブルを招きやすくなるそうです。
下記に内臓下垂によって起こりやすい症状についてまとめてみます。

  • 下腹(おへそより下)がぽっこりと出る
  • お腹周りに肉がつきやすくなる
  • 冷え性で平熱も低い(35度台)
  • 疲れやすい、また疲れも取れにくい
  • お腹にガスが溜まりやすい
  • 便秘
  • 胃もたれやむかつき
  • 婦人科系の不調(生理痛や不妊など)
  • 泌尿器系の不調(頻尿など)

これは、内臓下垂による症状の一例で、内臓下垂だからといって全ての人に現れる訳ではありません。内臓下垂でもスラッと全体的に細身な人もいれば(お腹はぽっこり出ていることが多い)、平熱は高めの人もいます。

内臓下垂の原因について

内臓下垂の原因はいくつか考えられます。
まず一つは運動不足による筋力の低下です。特に体幹の筋力(インナーマッスル)が低下すると内臓下垂になりやすくなります。極端な食事制限によるダイエットも筋力を低下させます。そして加齢による筋力の低下も考えられます。
さらに、猫背などの姿勢の悪さも、お腹や背中の筋力が低下して内臓下垂になりやすくなります。また、姿勢が悪いと骨盤の歪みも生じやすく、骨盤が開いた状態だと腸下垂に繋がりやすくなってしまいます。

内臓下垂のセルフチェック

お腹がぽっこりしているだけでは、一時的な便秘や脂肪による場合もあるので、内臓下垂かどうかを判断しづらいかもしれません。
内臓下垂かどうかをチェックするポイントをご紹介しますので、自分自身に当てはまるものはないか確認してみましょう。

  • 常に下腹がぽっこりしている
  • 食事の後、下腹が膨らむ
  • 食事の後、ゲップが出やすい
  • 便秘がち
  • お腹にガスが溜まりがち
  • 平熱が低い

また、運動不足や姿勢の悪さ、不規則な食生活や睡眠なども内臓下垂を引き起こしやすいので、自分の場合はどうかチェックしてみてください。

内臓下垂を改善する簡単ポーズ

内臓下垂は筋力の低下が大きな原因なので、改善するには筋肉を鍛える必要があります。特に大切なのはインナーマッスルを鍛えることです。
横になるだけで簡単にインナーマッスルを鍛えることができるポーズを紹介します。

ヨガの肩立ちのポーズの壁を利用した簡単バージョン

壁を正面に座り、仰向けになります。両足を上にあげ、ふくらはぎと腿の裏側を壁にべったりつけるようにします。おしりはなるべく壁に近づけるようにします。両手は広げても良いですし、バンザイの状態でも良いです。この状態で、ゆっくりと5分程深呼吸を繰り返します。
*呼吸の方法はお腹を膨らましながらゆっくり吸って、さらに時間をかけてお腹をへこましながら吐き切り、吐ききった状態でしばらくキープ(キープしている間は胸で呼吸して大丈夫です)するドローイングの方法で行うとさらに効果的にインナーマッスルを鍛えられます。
*腰の下にクッションやタオルを敷いて腰の位置を高くすると、腰を保護でき、さらに重力で内臓も下がりやすくなります。
*痛みや苦しさを感じない無理のない範囲で行なって下さい。

このポーズで深い呼吸を繰り返すと、内臓が元の位置に戻りやすくなるだけでなく、インナーマッスルを鍛えることで筋肉の量が増えます。筋肉の量が増えると代謝がアップし、脂肪も燃えやすくなるのでダイエットにも効果的なんですよ。また、足を上げている状態をキープすることでリンパの流れも良くなり、下半身に溜まっている余分な水分や老廃物の排出を促してくれます。足の疲れも取れ、むくみの解消やリラックス効果もあります。
本当に簡単で楽ちんなポーズですので、是非お風呂上がりなど取り入れて、内臓下垂改善に役立ててくださいね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る